C-1グランプリ

topic_path

結果発表

出題テーマ
不倫を思いとどまらせるコピー
Grand Prix!

あの大国の大統領でさえ
失敗した危険なミッション、
オマエにできんの?

内藤友貴

ひとの口癖って気になりません?昔、会社にいた上司の口癖は「いいけどさ、これ、ホントにできんの?」。〆切直前に、なんだか違和感のあった原案を、その人に喋らせてみました。コピーに人格が宿った気がしました。

出題者顔

「オマエにできんの?」がいい。「やってみなよ」という試し、唆し、励ましのニュアンスも届く心優しいコピーになりました。(鈴木)
クリントン大統領を切り口にしたものが複数あった中で、これは「お前にできんの?」と覚悟を問う感じで、ちゃんと抑制しているところが良かったです!(有本)

Semi-Grand Prix!
  • 鈴木康之 賞:ぼく、いい子になるから。

    坂元広基(クイック福岡)

    出題者顔

    こらえようとしている小心者の「ぼく」本人と、だだこねている股間の「ぼく」のダブルミーニング。

  • 鈴木康之 賞:サザエさんが不倫していたら、フグ田家の食卓はどうなるのだろう。

    島田寛昭

    出題者顔

    たいそうコワイ仮想情景を想像したものですね。無事、これ庶民の幸せ。

  • 鈴木康之 賞:実践しよう、パンツの中の第9条。

    後藤義郎

    出題者顔

    「実践しよう」が「守ろう」だったら「第9条」という秀逸な思いつきが生きたのに、惜しい。

  • 有本久美 賞:ドッキリやで、それ。

    水谷駿太(メンバーズ

    出題者顔

    すごく端的で好きです。本当にドッキリだったときも、そうじゃなかった時も、これを言ってくれる人は優しい。愛情を感じられる一行でした。

  • 有本久美 賞:あなたのLINE、見れますからね。

    川西秀実

    出題者顔

    こわっ!「見れますからね」という言いまわし、LINE漏えいという今だからこその現実感、すべて怖い。これなら思いとどまるでしょう。

  • 有本久美 賞:それハニートラップだったら嫌ですね

    青木陽介(明治)

    出題者顔

    美人局的な切り口のものは複数あった中で、この冷静な物言いと妙に納得してしまう感じ、とりあえずは立ち止まって考えるだろうなと思えたところが理由です。

Finalist!
  • やめとけ。いいから、やめとけ。三島直也
  • とりあえず、お家に帰ろう。速石 光(バウコミュニケーションズ)
  • 指輪が光った。吉本正春(GMOアドパートナーズ)
  • ここは行くだろ!を自制した自分を褒めてやりたい松嶋真也子
  • そこで止めたほうが、モテる。石田 亨(デザインオフィス小山)
  • 矢口を見ろ。武田耕一
出題者
出題者顔

鈴木康之/有本久美(リクルートコミュニケーションズ)

たくさんご応募いただきありがとうございました!話に聞いていたよりも応募数が多く、たまげました。昨今、不倫スキャンダルのスッパ抜きが大爆発しているせいでしょうか。応募作品の中でとっても多かったのは、いろんな切り口から不倫を批判するものや、行為自体を面白く言い換えているもの。中には、明らかな激情を感じさせる辛辣な一行もあったりして、これはコピーになっていない、この人絶対なんかあったわ…、とか思ってしまうものもありました。
この切り口は思いつかなかった!と勉強になったもの、つい笑ってしまう面白いもの、これは笑えない!というリアルなものもたくさんあった中で大事にした観点は、テーマの「思いとどまらせる」に忠実に、確かな抑止力を感じさせられるものであること。やってはいけないことをやっちまった人を批判するコピーではなく、やってはいけないことを目の前にして誘惑に揺れている人を「思いとどまらせるコピー」という観点なので、選ばせてもらった作品は、抑止力がありながら、その背景に優しさを感じられるものになっていました。

ページトップへ