C-1グランプリ

topic_path

結果発表

出題テーマ
左遷後、古巣の上司を悔しがらせる一言。
Grand Prix!

キャバクラでも、
よく「チェンジ」って言ってましたね。

宮岡 達(ハタジルシ)

気に食わないと、バッサリ切り捨ててしまう。そんな上司なんだろうなぁと想像していたら、たどり着きました。個人的には、初めから指名したいです。ありがとうございました。

出題者顔

上司のパーソナリティが目に浮かびます。しかし、キャバクラに一緒に行くくらいならもっと仲良くしてほしいものですね。(村田)
身近な例えは納得性が高いですね。僕の場合、とりあえず偶然の出会いを楽しむようにしています。人事にもそんな“あそび”が欲しいところですねぇ(越智)

Semi-Grand Prix!
  • 村田俊平 賞:本社全体が左遷なんじゃないですかね。

    上田拓也(アド・イーグル)

    出題者顔

    僕はこれが好きでした。コペルニクス的展開とはまさにこのこと。しかし、コイツはこんなこと言ってるから左遷されたんでしょうね。

  • 村田俊平 賞:大谷の二刀流を否定したコメンテーターに見えてきました。

    今津慶優

    出題者顔

    先見の明がないという点では、「誰もこんな原始的なもの使わねーよw」と自撮り棒を馬鹿にしていた僕も同類です。

  • 村田俊平 賞:博多からでも、センターは取れる。

    寺坂純一

    出題者顔

    「田舎の方がいい」的な切り口のものはありましたが、ワークライフバランスを的確に言い表していてチョベリグです。

  • 村田俊平 賞:月収は下がりましたけど、時給はあがりました。

    平田快尭(新東大阪)

    出題者顔

    芸能人を引き合いに出しているものの中で一番的確かつ、上品に言えている気がしました。

  • 越智一仁 賞:今、いちばん会いたい先輩です。

    飛田哲志(アドステージ)

    出題者顔

    って言っているということは、きっと何か自信をつけたってことなんでしょうね。皮肉がきいていて、キレが良くて、個人的には一番グッときました。

  • 越智一仁 賞:「どこで」より、「だれと」の大切さに気づけました。

    大関健太郎(アド・イーグル)

    出題者顔

    とかく人生は場所や環境で変わると思われがちですが、意外と人に左右されることの方が多い気がします。左遷の明るい側面に光を当てている点で一票。

Finalist!
  • 安心しました。お変わりなさそうで。宮本正輝
  • 何でこんなに認められたかったんだろう。永田智子
  • 今度、一緒に仕事しましょう。馬場健太朗(arfox)
  • 正直さいしょは左遷かと思ってました!大関健太郎(アド・イーグル)
  • 「飛ばした」んじゃなくて、「飛ばせて」くれたんですよね。稲葉次郎(テレビ東京コマーシャル)
出題者
出題者顔

村田俊平(電通)/越智一仁(Dentsu Lab Tokyo)

 前回、小田桐さんと審査した時も、まぁ、かぶらなかったものですが、今回の越智さんとのセレクションもまた然り。お互い10個あげた中にほとんど同じものはありませんでした。唯一の例外が「キャバクラでも、よく「チェンジ」って言ってましたね。」。というわけで、こちらを満票二票でグランプリに。
 実に奥深いコピーです。まず、「チェンジ!」ってのは、キャバレー・クラブ、略してキャバクラ等で、隣についた女性を交代するときの合言葉なのですが、結局、視界の端っこの方で、変えたばかりの子が新客相手にクネクネと媚態を作る姿に横恋慕。新しくきた子と見比べ、「チェンジ前の子の方が全然よかったなぁ」と肩を落としがち。要は、「新しい女性の方がかわいいのでは」という根拠のないロマンに駆られて、後悔の念にさいなまれる男のサガ。この、ロマンシング・サガを、うまく左遷になぞらえているということでグランプりました。ちなみに、話者が成功や結婚をしたという設定ありきのものや、失礼すぎるものは票を入れにくかったです。もし、僕が偉くなった時に言われたら「ムキー!」ってなっちゃうので。受賞者の方おめでとう&応募者の方ありがとうございました!(村田)

ページトップへ