C-1グランプリ

topic_path

結果発表

出題テーマ
普段聴かない人が、ラジオを聴きたくなるコピー
Grand Prix!

テレビは面白い、ラジオは面黒い

寺坂純一

この度は、このような賞をいただきありがとうございます!ずっと、ずっと欲しかった念願のグランプリ!ここが人生の転機!いや〜、幸せな事は連鎖します!コピーの世界は本当に、面白いし、面黒い!

出題者顔

テレビのことを下げてラジオと比べる形のコピーが多い中、テレビを下げることなくラジオのよさを一言でズバッと。そんなコピーを考えた寺坂さんは面凄い!(五明)
テレビの面『白い』部分、ウソの白さもあるだろうし、本当はもっと黒い部分もあるのに流せず(流さず)。でもラジオは、黒は黒だと言える場所である、という皮肉にも取れる素晴らしいコピーだと思いました!(遠山)

Semi-Grand Prix!
  • 五明拓弥 賞:アイドルXが、深夜に、ナマで

    岡以久馬(アサツー ディ・ケイ)

    出題者顔

    これを目にして聴かない人なんているんですかね、特に男。きっと僕も深夜、穴にイヤホン挿入しますもん。素敵です。

  • 五明拓弥 賞:オリエンタルラジオが本気の喧嘩をしたのはラジオ番組の最中でした

    佐藤数馬

    出題者顔

    生放送中、アウトレイジにも負けない「この野郎!」の応酬は懐かしいですね。このコピーを見て久しぶりに聴きました、笑いました、ありがとうございます。佐藤さん、中田さん、藤森さんの3名に五明賞です。

  • 遠山大輔 賞:ラジオを聴いたら、蛭子さんの印象が変わった

    釈シスコ

    出題者顔

    固有名詞を使うのは諸刃の剣、しかしこれはきちんと深い所まで到達している気がしていて、なおかつ面白い!『あ、この人の本質って実はこうなんだ』と気付けるのがラジオ、ということが一行でわかる、大好きです!

  • 遠山大輔 賞:私にとっての失恋ソングは、誰かの応援歌だった

    大堀陽平

    出題者顔

    掛かるタイミング、喋り手の言葉、色んな要素によって自分が昔から知っているものに全然知らない価値観を与えてくれるのがラジオだ、というのを端的に表してくれているコピーだと思います!

Finalist!
  • 朝、電車でニヤついてる人は、たぶん友達です岩田康平(松竹)
  • テレビの話をすると友達が増える、ラジオの話をすると親友が増える三島直也
  • スマホってラジオだよ塩脇生成(大広ONES)
  • 読書モデルもいいけど、ハガキ職人てカリスマもいるんだぜ安田理恵(アド・イーグル)
  • 映像に頼り過ぎる君達へ内藤友貴(オフィスオフサイド)
  • 知ってる?ラジオって、深夜2時以降放送コードがないってこと岩田康平(松竹)
出題者
出題者顔

五明拓弥/遠山大輔

僕も去年からラジオ番組をやらせてもらうようになって聴きはじめた人間なので偉そうに言えませんが、ラジオ面白いです。皆さん知ってますか?今はラジオいらないんですよ。スマホにradikoというアプリをダウンロードすれば誰でも簡単に聴けるんですよ。しかし、まだあまり知られていない気がします。ですから今回、出題させてもらったお題が『普段聴かない人が、ラジオ聴きたくなるコピー』。ブレーンの読者の皆さんにもラジオを聴いてもらうキッカケになれば!と思い、担当者の方にお題をメールしました。しばらくして『宣伝会議』5月号を本屋で立ち読みしてましたら(関係者の皆様すいません)今年の第54回宣伝会議賞のお題と受賞したコピーが載ってました。そこにはradikoからのお題、『ラジオを聴かない人に、ラジオを聴いてもらうコピーを考えてください』と書かれてました。いや、お題ドン被りしてるじゃないですか。嘘だ!と思って一回閉じてまた開いて確認したけどやっぱり載っていて、あ、やっちゃったって。お題、被っちゃってごめんなさい。そんな中、たくさんのご応募ありがとうございました。宣伝会議賞で受賞したコピーにも負けない素晴らしいコピーがきました。正直、選ぶのしんどかったです。radiko関係者の方、この記事読んでますか?この中からも協賛企業賞を!(五明)

ページトップへ