会員専用サイトでのみ閲覧できる
TCC会報から選りすぐりの記事を
一般公開する「TCC会報出張所」。
過去に行なわれたトークショー
での対談など、コピーライターの
語る言葉をお楽しみください。

最新記事

2017年度 新人賞のみなさんから

《書籍紹介》日めくり「オペラ」 366日事典/新井巌 著

《書籍紹介》100万回シェアされるコピー/橋口幸生 著

《書籍紹介》顧客視点の企業戦略 -アンバサダープログラム的思考/藤崎実・徳力基彦 著

《書籍紹介》歌集『ケモノ道』/ 柿本希久 著

《対談》トークイベント「TCCことばみらい会議」第二夜・第4部

《書籍紹介》最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法/中村禎 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第二夜・第3部

《書籍紹介》ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た / 岩永嘉弘 著

《書籍紹介》 降りてくる思考法 / 江上隆夫 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第2部

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第1部

《イベントのご紹介》 いとうとしこ著「売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない」 刊行記念トークショー

TCCコピー年鑑2016発刊記念イベント 「おこしやす!TCC」

《書籍紹介》 売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない / いとうとしこ 著

《イベントのご紹介》 大曲康之写真展2「農村と、山村。」

《書籍紹介》 待っていても、はじまらない。―潔く前に進め/阿部 広太郎 著

《イベントのご案内》 第3回柿本照夫作陶展「わがケモノ道」

ようこそ!2016年度新人賞のみなさん

《書籍紹介》仕事偏差値を68に上げよう / 松尾卓哉 著

《書籍紹介》ハフリ/山田光美 著

《書籍紹介》師の句を訪ねて―岡本眸その作品と軌跡/広渡詩乃

《書籍紹介》汽水―益岡茱萸句集/福本ゆみ

《書籍紹介》名作コピーの教え/鈴木康之 著

おこしやすTCCin ヒカリエ

《書籍紹介》言葉の処方箋 /竹内好美 著

《書籍紹介》 マイペースのススメェー/ 文:三井 明子

《書籍紹介》広告コピーってこう書くんだ! 相談室(袋とじつき) /谷山雅計著

こども広告教室を開催

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.2 『尾形さんって、なに考えているんですか。』

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.1 『たふてこ。(多田福里照井のコピー会議)』

《書籍紹介》さるすべりの花のように/島崎保彦著

2015年度、新人賞のみなさんから!

《対談》「西村さんを囲む夕べ」

眞木準さん(のお弟子さん)を囲む夕べ

C-1グランプリ100回記念特別企画を開催しました

《書籍紹介》可不可●西村佳也句集

《イベントのご案内》谷内六郎の絵と岩崎俊一のコピーで綴る昭和展 昭和というたからもの

《イベントのご案内》コピーライター 西村佳也「可不可展」

《イベントのご案内》あんましヤル気のない風景。大曲康之写真展

《書籍紹介》ここらで広告コピーの本当の話をします。/小霜和也

《書籍紹介》 大人の迷子たち/岩崎俊一

《対談》TCC広告賞展2014TCC TALK LIVE Vol.4 『澤本嘉光×多田琢 頂上対談!!』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.3 『ズバリ!困っている人のためのアイデアとプレゼンのはなし』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.2 『ちょっとだけ新世代』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.1

《書籍紹介》困っている人のためのアイデアとプレゼンの本

《書籍紹介》 魚住勉の一行の恋/魚住勉

《イベントのご案内》 歌謡曲集「枕草子」リリース記念コンサート

《書籍紹介》 コピーライター放浪記―All Around the World/木戸寛行

《対談》TCC広告賞2013トークイベント 第2回

コピーフェア トークショー 2013年度TCC賞 「いいコピーって、何だったんだろう?」

《書籍紹介》 電信柱の陰から見てるタイプの企画術/福里真一著

TCC広告賞展2013 トークイベント Vol.1 髙崎卓馬さん

《書籍紹介》 『ガラスのハートのきたえかた方』 竹内好美 著

《書籍紹介》 『土屋耕一のことばの遊び場。』 土屋耕一 著

《書籍紹介》 『言葉あそび入門』 多比羅孝

2012年度TCCホール・オブ・フェイム顕彰式(糸井重里氏スピーチ掲載)

《書籍紹介》 『あたまの地図帳』 下東史明

《書籍紹介》 『あしたは80パーセント晴れでしょう』 坂本和加

《書籍紹介》 『はるかかけら』 髙崎卓馬 著

《書籍紹介》 『表現の技術』 髙崎卓馬 著

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(3)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(2)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(1)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(2)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(1)

《書籍紹介》100万回シェアされるコピー/橋口幸生 著
2017.6.28
新刊紹介
book_100.jpg
100万回シェアされるコピー
いますぐ使えるウェブコピー
「4つのルール」


 橋口 幸生 著

 定価:1,500円(税別)

 出版社: 誠文堂新光社

 発売日: 2017/4/5






「100万回シェアされるコピー」を読む前に読んでいたのは「火花」でした。そのため、「100万回シェアされるコピー」の表紙をめくるときには、「橋口くん、きみの本は芥川賞受賞作と比べられることになるけど、その覚悟はあるのかね?」といっただいぶ意地悪な思いが、ぼくのなかにありました。ところが、橋口くんの文章にはまったく気負いがありません。「火花」は文学、「100万回シェアされるコピー」は実用書だからと完全に割り切っているようで、余計な風景描写や心理描写もなく、非常に読みやすい。読むスピードで理解が進んでいきます。

橋口くんは、シェアされるコピーは、本音、驚き、共感、反感の4つに分類できるとし、そのひとつひとつを、実例をふんだんに用いながら分かりやすく解説しています。最近では、コピーの書き方を紹介する本がたくさん出ていて、その本ごとに、コピーに対してさまざまな分類がなされていると思いますが、「反感」で分類しているのが、この本のらしいところではないでしょうか。普通、コピーライターは、「反感」を買うようなコピーを書こうとはしません。書こうとしないというか、はじめは書いていたけど、クライアントから「自慢したいけど、威張っているようには見られたくない」とか、「断定する表現は避けてほしい。あとで責任とれないので」とか、「上から目線はやめたい。以前似たような表現で株主様からおしかりの電話をいただいたことがあるので」とか言われるうちに、徐々に徐々に矯正されていくものです。

しかし、シェアされることを目的とするなら、あえて「反感」を買うコピーがあってもいいと橋口くんは書いています。ぼくも、TCCの審査員のどなたかが、あるコピーについて、「バズってたから投票しました」と言ったのを聞いたことがあります。SNSの浸透とともに、シェアされたかどうかが、いいコピーの新しい基準になろうとしているのかもしれません。ただ、「反感」を買うコピーは、シェアされる可能性を持ち合わせている反面、炎上に転じる危険性も持っています。橋口くんは、そのことも分かったうえで炎上しないための予防策についてもくわしく書いてくれています。

「火花」のなかで、主人公徳永と先輩神谷は、実にさまざまなことについて話しあうのですが、肝心のシェアされるコピーについてはいっさい触れていません。それは又吉氏にそれについての知識がないためだと思われますが、そんな又吉氏の穴を、橋口くんは見事に埋めてくれています。

 (上田浩和)



------------------------------
著者より
------------------------------
ウェブでもっとも効果的な表現手法は、まちがいなく「コピー」だと思います。理由は、ウェブが「言葉のメディア」だからです。動画やSPサイトはもちろん、テレビCMや新聞広告だって、コピーの力でバズらせることが可能です。しかしウェブは歴史が浅く、どのようなコピーがヒットするのか、まだ誰もが手探りしている状態だと思います。本書ではこれまでの事例を分析し、ウェブでシェアされるコピーを「4つのルール」に分けて整理しました。「バズらせたい」というオリエンに悩むコピーライターはもちろん、言葉のメディア=ウェブに興味のある全ての人に読んでいただければ幸いです。

(橋口幸生)


ご購入はこちらからどうぞ
(画像をクリックするとAmazonに移動します)
 ↓