会員専用サイトでのみ閲覧できる
TCC会報から選りすぐりの記事を
一般公開する「TCC会報出張所」。
過去に行なわれたトークショー
での対談など、コピーライターの
語る言葉をお楽しみください。

最新記事

《書籍紹介》最強のネーミング/岩永嘉弘 著

2017年度 新人賞のみなさんから

《書籍紹介》日めくり「オペラ」 366日事典/新井巌 著

《書籍紹介》100万回シェアされるコピー/橋口幸生 著

《書籍紹介》顧客視点の企業戦略 -アンバサダープログラム的思考/藤崎実・徳力基彦 著

《書籍紹介》歌集『ケモノ道』/ 柿本希久 著

《対談》トークイベント「TCCことばみらい会議」第二夜・第4部

《書籍紹介》最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法/中村禎 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第二夜・第3部

《書籍紹介》ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た / 岩永嘉弘 著

《書籍紹介》 降りてくる思考法 / 江上隆夫 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第2部

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第1部

《イベントのご紹介》 いとうとしこ著「売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない」 刊行記念トークショー

TCCコピー年鑑2016発刊記念イベント 「おこしやす!TCC」

《書籍紹介》 売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない / いとうとしこ 著

《イベントのご紹介》 大曲康之写真展2「農村と、山村。」

《書籍紹介》 待っていても、はじまらない。―潔く前に進め/阿部 広太郎 著

《イベントのご案内》 第3回柿本照夫作陶展「わがケモノ道」

ようこそ!2016年度新人賞のみなさん

《書籍紹介》仕事偏差値を68に上げよう / 松尾卓哉 著

《書籍紹介》ハフリ/山田光美 著

《書籍紹介》師の句を訪ねて―岡本眸その作品と軌跡/広渡詩乃

《書籍紹介》汽水―益岡茱萸句集/福本ゆみ

《書籍紹介》名作コピーの教え/鈴木康之 著

おこしやすTCCin ヒカリエ

《書籍紹介》言葉の処方箋 /竹内好美 著

《書籍紹介》 マイペースのススメェー/ 文:三井 明子

《書籍紹介》広告コピーってこう書くんだ! 相談室(袋とじつき) /谷山雅計著

こども広告教室を開催

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.2 『尾形さんって、なに考えているんですか。』

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.1 『たふてこ。(多田福里照井のコピー会議)』

《書籍紹介》さるすべりの花のように/島崎保彦著

2015年度、新人賞のみなさんから!

《対談》「西村さんを囲む夕べ」

眞木準さん(のお弟子さん)を囲む夕べ

C-1グランプリ100回記念特別企画を開催しました

《書籍紹介》可不可●西村佳也句集

《イベントのご案内》谷内六郎の絵と岩崎俊一のコピーで綴る昭和展 昭和というたからもの

《イベントのご案内》コピーライター 西村佳也「可不可展」

《イベントのご案内》あんましヤル気のない風景。大曲康之写真展

《書籍紹介》ここらで広告コピーの本当の話をします。/小霜和也

《書籍紹介》 大人の迷子たち/岩崎俊一

《対談》TCC広告賞展2014TCC TALK LIVE Vol.4 『澤本嘉光×多田琢 頂上対談!!』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.3 『ズバリ!困っている人のためのアイデアとプレゼンのはなし』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.2 『ちょっとだけ新世代』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.1

《書籍紹介》困っている人のためのアイデアとプレゼンの本

《書籍紹介》 魚住勉の一行の恋/魚住勉

《イベントのご案内》 歌謡曲集「枕草子」リリース記念コンサート

《書籍紹介》 コピーライター放浪記―All Around the World/木戸寛行

《対談》TCC広告賞2013トークイベント 第2回

コピーフェア トークショー 2013年度TCC賞 「いいコピーって、何だったんだろう?」

《書籍紹介》 電信柱の陰から見てるタイプの企画術/福里真一著

TCC広告賞展2013 トークイベント Vol.1 髙崎卓馬さん

《書籍紹介》 『ガラスのハートのきたえかた方』 竹内好美 著

《書籍紹介》 『土屋耕一のことばの遊び場。』 土屋耕一 著

《書籍紹介》 『言葉あそび入門』 多比羅孝

2012年度TCCホール・オブ・フェイム顕彰式(糸井重里氏スピーチ掲載)

《書籍紹介》 『あたまの地図帳』 下東史明

《書籍紹介》 『あしたは80パーセント晴れでしょう』 坂本和加

《書籍紹介》 『はるかかけら』 髙崎卓馬 著

《書籍紹介》 『表現の技術』 髙崎卓馬 著

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(3)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(2)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(1)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(2)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(1)

《書籍紹介》仕事偏差値を68に上げよう / 松尾卓哉 著
2016.5.23
新刊紹介
仕事偏差値_bookcover枠あり.jpg
『仕事偏差値を68に上げよう (どんな成功本を読んでも成果を上げられなかった人のための30の心得))』

松尾卓哉 著

出版:廣済堂出版

定価:1,404円(税込)







これさえ読めば、アイデアに困らなくなるかも。これさえ読めば、人生変わっちゃうかも。いま書店には、そんな夢を抱かせるタイトルの成功本が平積みされています。期待に胸を躍らせつつ、そんな成功本を手にとってはみるものの...、その中身の多くは「そんなんマネできるか!」というような超人レベルの習慣や、「そんなん知っとるわ!」というような当たり前の話や、「そんなん続くか!」というような面倒臭い小技などだったりします。

成功本を読んで成功してる人なんかいないよね。そう思う人にこそ読んで欲しいのが、松尾卓哉さんの新著「仕事偏差値を68に上げよう」です。スーパークリエイターになるのでも、大金持ちになるのでもありません。「偏差値68」です。がんばれば、届きそうではありませんか。

本書で語られるのは、抽象的な仕事論でも、細かいテクニックでもありません。"心得"つまり、心の持ちようです。それも、上から目線のお説教ではなく、松尾さんご自身の生々しい経験に基づいたアドバイスといった語り口。仕事で壁にぶち当たりまくってヒビだらけの心に沁みます。そして、元気が出てきます。すぐに本を閉じて、仕事に向かいたくなります。

本気でやるから、楽しい。楽しいから、成長できる。偏差値と聞くと、苦しかった受験勉強を思い出してしまうかもしれません。しかし、大人の、仕事の偏差値は楽しんでこそ上がるのだと、本書は教えてくれます。...と、書いているうちに仕事がしたくてウズウズしてきたので、このあたりで失礼します。さあ、偏差値上げるぞう。

幹事 丸原孝紀


-----------------------------------------------------------------------------------

著者より

日本企業と外資系企業に勤務し、日本と海外で仕事をし、
今は会社を経営しています。
振り返ると、仕事で成果を出している上司、同僚、仲間の
仕事への姿勢には共通するものがありました。
それらを見て、盗み、身につけた心得の幾つかを、
業界に関係なく、20〜30代の仕事をしている方のために、
分かりやすい言葉で紹介しました。
意外にも、ご購入頂いた40代以上の方々から、
「忘れていたことを想い出せた」との声を頂いています。 

17(ジュウナナ)松尾 卓哉



ご購入はこちらからどうぞ。