会員専用サイトでのみ閲覧できる
TCC会報から選りすぐりの記事を
一般公開する「TCC会報出張所」。
過去に行なわれたトークショー
での対談など、コピーライターの
語る言葉をお楽しみください。

最新記事

『TCC広告賞展2017』トークイベント 【TCC TALK LIVE Vol.1】 「神林一馬 × 藤本宗将 × 福里真一 × 権八成裕 新人賞ってどうやったらとれるんですか。」

『TCC広告賞展2017』トークイベント 【TCC TALK LIVE Vol.5】 「古川雅之 × 直川隆久 × 中治信博 おもしろい企画って、どうやってつくるんですか?」

『TCC広告賞展2017』トークイベント 【TCC TALK LIVE Vol.4】 「佐々木宏 × 福部明浩 広告は、やっぱりもちろん、面白い。 」

《書籍紹介》最強のネーミング/岩永嘉弘 著

2017年度 新人賞のみなさんから

《書籍紹介》日めくり「オペラ」 366日事典/新井巌 著

《書籍紹介》100万回シェアされるコピー/橋口幸生 著

《書籍紹介》顧客視点の企業戦略 -アンバサダープログラム的思考/藤崎実・徳力基彦 著

《書籍紹介》歌集『ケモノ道』/ 柿本希久 著

《対談》トークイベント「TCCことばみらい会議」第二夜・第4部

《書籍紹介》最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法/中村禎 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第二夜・第3部

《書籍紹介》ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た / 岩永嘉弘 著

《書籍紹介》 降りてくる思考法 / 江上隆夫 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第2部

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第1部

《イベントのご紹介》 いとうとしこ著「売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない」 刊行記念トークショー

TCCコピー年鑑2016発刊記念イベント 「おこしやす!TCC」

《書籍紹介》 売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない / いとうとしこ 著

《イベントのご紹介》 大曲康之写真展2「農村と、山村。」

《書籍紹介》 待っていても、はじまらない。―潔く前に進め/阿部 広太郎 著

《イベントのご案内》 第3回柿本照夫作陶展「わがケモノ道」

ようこそ!2016年度新人賞のみなさん

《書籍紹介》仕事偏差値を68に上げよう / 松尾卓哉 著

《書籍紹介》ハフリ/山田光美 著

《書籍紹介》師の句を訪ねて―岡本眸その作品と軌跡/広渡詩乃

《書籍紹介》汽水―益岡茱萸句集/福本ゆみ

《書籍紹介》名作コピーの教え/鈴木康之 著

おこしやすTCCin ヒカリエ

《書籍紹介》言葉の処方箋 /竹内好美 著

《書籍紹介》 マイペースのススメェー/ 文:三井 明子

《書籍紹介》広告コピーってこう書くんだ! 相談室(袋とじつき) /谷山雅計著

こども広告教室を開催

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.2 『尾形さんって、なに考えているんですか。』

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.1 『たふてこ。(多田福里照井のコピー会議)』

《書籍紹介》さるすべりの花のように/島崎保彦著

2015年度、新人賞のみなさんから!

《対談》「西村さんを囲む夕べ」

眞木準さん(のお弟子さん)を囲む夕べ

C-1グランプリ100回記念特別企画を開催しました

《書籍紹介》可不可●西村佳也句集

《イベントのご案内》谷内六郎の絵と岩崎俊一のコピーで綴る昭和展 昭和というたからもの

《イベントのご案内》コピーライター 西村佳也「可不可展」

《イベントのご案内》あんましヤル気のない風景。大曲康之写真展

《書籍紹介》ここらで広告コピーの本当の話をします。/小霜和也

《書籍紹介》 大人の迷子たち/岩崎俊一

《対談》TCC広告賞展2014TCC TALK LIVE Vol.4 『澤本嘉光×多田琢 頂上対談!!』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.3 『ズバリ!困っている人のためのアイデアとプレゼンのはなし』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.2 『ちょっとだけ新世代』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.1

《書籍紹介》困っている人のためのアイデアとプレゼンの本

《書籍紹介》 魚住勉の一行の恋/魚住勉

《イベントのご案内》 歌謡曲集「枕草子」リリース記念コンサート

《書籍紹介》 コピーライター放浪記―All Around the World/木戸寛行

《対談》TCC広告賞2013トークイベント 第2回

コピーフェア トークショー 2013年度TCC賞 「いいコピーって、何だったんだろう?」

《書籍紹介》 電信柱の陰から見てるタイプの企画術/福里真一著

TCC広告賞展2013 トークイベント Vol.1 髙崎卓馬さん

《書籍紹介》 『ガラスのハートのきたえかた方』 竹内好美 著

《書籍紹介》 『土屋耕一のことばの遊び場。』 土屋耕一 著

《書籍紹介》 『言葉あそび入門』 多比羅孝

2012年度TCCホール・オブ・フェイム顕彰式(糸井重里氏スピーチ掲載)

《書籍紹介》 『あたまの地図帳』 下東史明

《書籍紹介》 『あしたは80パーセント晴れでしょう』 坂本和加

《書籍紹介》 『はるかかけら』 髙崎卓馬 著

《書籍紹介》 『表現の技術』 髙崎卓馬 著

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(3)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(2)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(1)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(2)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(1)

《書籍紹介》歌集『ケモノ道』/ 柿本希久 著
2017.4.4
新刊紹介
本の画像_歌集「ケモノ道」.jpg
歌集『ケモノ道』

柿本希久 著

出版社 : ながらみ書房

定価 : 2,700円(税込)

出版日 : 2017/2/27








TCC会員である柿本照夫(筆名柿本希久)氏はいまはもうコピーは書いていないと思う。われわれの世界からは離れて、東京の地からどこか西の方の山で作陶の日々を過ごされているとうかがっている。いわゆる、そういう悠々自適な隠居生活を送っていると想像していた。

しかし数年前に唐突に、陶芸での賞をいただいたというニュースを聞き驚いた。陶芸の賞って、そんなにあっという間にもらえるものなのか? というのが正直な感想だった。そしてその作品を拝見する機会があった。
なんというか「得体の知れない生きもの」をいくつも創作していて、これを窯で焼いたのか、というのがこれまた正直な感想だった。
深い緑色の、形容すればおそらくカメレオンのような陶芸作品がどうだと言わんばかりにこちらを睨んでいる。そしてその時「ああ、柿本さんて、こういう人だった」と記憶がよみがえった。

柿本氏は、マッキャンエリクソンで私がコピーライターになった際の最初のお師匠さんだった方である。なにか、こういうことを書くとじつに僭越ですが、笑、氏は、いつもなにかと格闘していたように思う。
コピーそのものもそうで、原稿用紙のマス目いっぱいに大きく3Bで書かれた濃い文字は、いつも少しどことなく威丈高な筆致で、それゆえに「誰にでも書けるものではない」という雰囲気をまとっていた。なんというか派手なのだ。主張が強いコトバが似合うコピーが多かった。コピーとはそういうものなのだということを日々教わっていたように思う。
そして私に対してもいつも「格闘するクリエイティブ」を求めていたように思う。なかなか大変な日々だったと記憶している、笑

そして、こんどは、そんな柿本氏が歌集を出版されたという。
装丁にはまたしても「得体の知れない生きもの」が飾られており、タイトルは「ケモノ道」と掲げられていた。
私には歌集に感想を述べたり、論評めいたことをする能力はまったくない。ただこの歌集を読ませていただくと、柿本氏がどのような人かがよく分かる。ひたすら氏の視点が伝わってくる。

いつもなにかと格闘し、得体の知れないものに興味を抱き、あたらしいコトバをみずからのものにしようと試み、いままでにないものをこの世に存在させようとしている。

他人とおなじことを拒否するような姿勢はいまも変わらない。
表現するメディアや対象物は変わってきたかもしれないが、ご本人は、なにも変わっていない。その本質においていまもなにかに抗っているのだと感じる。生命力あふれるケモノたちが通り、いつのまにかつくりあげてきた、結果としてのケモノ道。
はじめての歌集にもかかわらず、もしかしたらまたなにかの賞を獲ってしまうかもしれないという「得体の知れない予感」もする。

いちもつをぶら下ぐるごと顏の鼻わが天狗猿転生の花器
(第三章「未完のひと世」より選)


(溝口俊哉)


-------


<著者より>

言葉の原郷で詠う。

柿本希久(きく)の筆名で、このたび歌集を上梓した会員の柿本照夫です。コピーライターとして35年活動したあと、現在は、陶芸作家活動をしております。
その合間に詠んだ歌、五百首余りをまとめた第一歌集です。回想歌、作陶歌、日常詠の三章構成による編年体です。

いま若い人たちの間で、短歌はほとんど口語で発表されていますが、口語で詠むと僕はキャッチフレーズをつくっているような気になってしまうので、文語で詠み、旧カナ遣いで表記しています。文語で詠むと、はるか1300年前の万葉の時代につながっていると思え、日本語の源郷に辿り着いたような感じがします。
多彩で深遠な言葉の世界を多くの方に知っていただくことは、コピーライターとして生きてきた最後の勤めでもあると考えています。

多くの人が踏み固めた王道からモノを創り出すのではなく、論理の抜け道のようなケモノ道には多くの発見があります。ここから言葉を見つけ、アイディアを立ち上げていた方法論に気付いて、歌を詠んでいます。「ケモノ道」は、僕が考える発想のことです。
心情を洗いざらい詠う短歌は、いわば「恥さらしの文芸」でもありますが、自分の原点を忘れないように、表現者しての居場所から発信しています。アマゾンでお買い求めいただけます。よろしくお願いします。

自選五首「佯狂歌」

わがひと世予定調和を旨とせず痴ればむやうなケモノ道をゆけ

四十雀(しじふがら)鳴きたるのちに酒器掲げ森の饗宴ひかりを零(こぼ)す

舌鋒を武器に使ひし日は遠し日向ぼこする舌になり果つ

風止めど黄葉(もみぢ)は霏々(ひひ)と墜ちやまずかそけき音の荘厳を聴く

ひと塊(くれ)の闇雲を抱きわれはありゆゑに赦せよ佯狂(やうきやう)たるを



ご購入はこちらからどうぞ(画像をクリックするとAmazonに移動します)