会員専用サイトでのみ閲覧できる
TCC会報から選りすぐりの記事を
一般公開する「TCC会報出張所」。
過去に行なわれたトークショー
での対談など、コピーライターの
語る言葉をお楽しみください。

最新記事

《書籍紹介》最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法/中村禎 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第二夜・第3部

《書籍紹介》ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た / 岩永嘉弘 著

《書籍紹介》 降りてくる思考法 / 江上隆夫 著

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第2部

《対談》トークイベント 「TCCことばみらい会議」 第一夜・第1部

《イベントのご紹介》 いとうとしこ著「売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない」 刊行記念トークショー

TCCコピー年鑑2016発刊記念イベント 「おこしやす!TCC」

《書籍紹介》 売れるキャラクター戦略 "即死""ゾンビ化"させない / いとうとしこ 著

《イベントのご紹介》 大曲康之写真展2「農村と、山村。」

《書籍紹介》 待っていても、はじまらない。―潔く前に進め/阿部 広太郎 著

《イベントのご案内》 第3回柿本照夫作陶展「わがケモノ道」

ようこそ!2016年度新人賞のみなさん

《書籍紹介》仕事偏差値を68に上げよう / 松尾卓哉 著

《書籍紹介》ハフリ/山田光美 著

《書籍紹介》師の句を訪ねて―岡本眸その作品と軌跡/広渡詩乃

《書籍紹介》汽水―益岡茱萸句集/福本ゆみ

《書籍紹介》名作コピーの教え/鈴木康之 著

おこしやすTCCin ヒカリエ

《書籍紹介》言葉の処方箋 /竹内好美 著

《書籍紹介》 マイペースのススメェー/ 文:三井 明子

《書籍紹介》広告コピーってこう書くんだ! 相談室(袋とじつき) /谷山雅計著

こども広告教室を開催

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.2 『尾形さんって、なに考えているんですか。』

《対談》TCC広告賞展2015 TCC TALK LIVE Vol.1 『たふてこ。(多田福里照井のコピー会議)』

《書籍紹介》さるすべりの花のように/島崎保彦著

2015年度、新人賞のみなさんから!

《対談》「西村さんを囲む夕べ」

眞木準さん(のお弟子さん)を囲む夕べ

C-1グランプリ100回記念特別企画を開催しました

《書籍紹介》可不可●西村佳也句集

《イベントのご案内》谷内六郎の絵と岩崎俊一のコピーで綴る昭和展 昭和というたからもの

《イベントのご案内》コピーライター 西村佳也「可不可展」

《イベントのご案内》あんましヤル気のない風景。大曲康之写真展

《書籍紹介》ここらで広告コピーの本当の話をします。/小霜和也

《書籍紹介》 大人の迷子たち/岩崎俊一

《対談》TCC広告賞展2014TCC TALK LIVE Vol.4 『澤本嘉光×多田琢 頂上対談!!』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.3 『ズバリ!困っている人のためのアイデアとプレゼンのはなし』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.2 『ちょっとだけ新世代』

《対談》TCC広告賞展2014 TCC TALK LIVE Vol.1

《書籍紹介》困っている人のためのアイデアとプレゼンの本

《書籍紹介》 魚住勉の一行の恋/魚住勉

《イベントのご案内》 歌謡曲集「枕草子」リリース記念コンサート

《書籍紹介》 コピーライター放浪記―All Around the World/木戸寛行

《対談》TCC広告賞2013トークイベント 第2回

コピーフェア トークショー 2013年度TCC賞 「いいコピーって、何だったんだろう?」

《書籍紹介》 電信柱の陰から見てるタイプの企画術/福里真一著

TCC広告賞展2013 トークイベント Vol.1 髙崎卓馬さん

《書籍紹介》 『ガラスのハートのきたえかた方』 竹内好美 著

《書籍紹介》 『土屋耕一のことばの遊び場。』 土屋耕一 著

《書籍紹介》 『言葉あそび入門』 多比羅孝

2012年度TCCホール・オブ・フェイム顕彰式(糸井重里氏スピーチ掲載)

《書籍紹介》 『あたまの地図帳』 下東史明

《書籍紹介》 『あしたは80パーセント晴れでしょう』 坂本和加

《書籍紹介》 『はるかかけら』 髙崎卓馬 著

《書籍紹介》 『表現の技術』 髙崎卓馬 著

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(3)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(2)

《対談》 鈴木康之さんを囲む夕べ(1)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(2)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(1)

《対談》 TCC広告賞展2011 トークイベント第3回(2)
2011.9.16
対談
IMG_5508.jpg「TCC広告賞展2011」、3回目のトークイベントは
新青森駅のキャンペーンで今年のグランプリを受賞した、
高崎卓馬さんと一倉宏さんの対談です。

今回はそのパート2です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■6月26日(日)14:30~16:00

髙崎卓馬氏×一倉宏氏


『おい、グランプリ!』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ターニングポイントとなった仕事

髙崎 
今日、自分のターニングポイントの仕事を選んできたんです。

一倉 
それぞれのターニングポイントになった仕事をね。

髙崎 
一倉さんが選んだのがこれです。ウォークマンの猿のCM。
このCMはもう、時代を代表する一本ですね。


~ソニー/ウォークマン/音が進化した・さる篇30~



一倉 
アドミュージアムのアーカイブにも
入っているみたいなので、これを選びました。
なぜターニングポイントなのかというと、僕はどちらかというと、
ずっとグラフィックのコピーライターをやってきたんだけど、
仲畑広告に行って、初めてサントリー以外の仕事をして、
テレビCMにも積極的にかかわるようになったんです。

スタッフが直立する猿を見つけてきて、
ウォークマンを聴いている猿という一枚絵でプレゼンをしました。
自分で一枚絵を描いて、あとは猿の映像資料とコンテ。

ちなみに最初のコンテでは猿は目を開いています。
まさか猿が目を瞑るとは思っていなかったので。
撮影は菅昌也さんという、職人中の職人という感じの方で、
陽が落ちて、光がやわらかくなるのを待っているうちに
猿が疲れてきて、寝てしまったんです。

髙崎 
立ったまま?

一倉 
立ったまま寝てしまった。

髙崎 
すごい。

一倉
後になって「哲学する猿」と言われたけど、
それはもうほんとうに偶然撮れたんです。

髙崎 
すごいな。でも、こういう感じのCMは
今でもありかもしれないと思いました。

一倉 
印象的だったのは、
曲はオリジナルのバラードをつくって当てているんだけど、
それを歌った外国人の歌手がCMを見て大笑いしたんだよね。
僕らが見ると猿が哲学してるみたいで、
わりとジーンとするんだけど。

髙崎
歌詞がおもしろいみたいなことなんですか。

一倉 
いや、歌詞も大真面目で、
コピーも人の進化とか言ってるわけでしょ。
それが一種のギャグみたいに感じるのかもしれない。彼らには。
このCMはカンヌでも賞をもらったけど、
そういうふうに受けたのかなと思った。

じゃあ、次は髙崎君のターニングポイントに行きましょうか。

髙崎 
94年のフジテレビのキャンペーンです。
プランナーは安西俊夫さんで、「俺は電通を卒業する」と言って、
この間会社を辞めちゃった方なんですけど。
これを見た時は衝撃を受けました。

ふだん仕事をしていると、ついフレームの中で起承転結を考えたり、
フレームの中で精度を上げることを考えてしまうんですけど、
目線をちょっとずらすだけでおもしろいものが生まれる。
それが衝撃的でした。

青森新幹線のようなドラマっぽいものも僕は大好きですけど、
このCMのような、世の中に対して
気持ちのいいいたずらをするという視点を
忘れてはいけないなと思っています。


~フジテレビジョン/企業/キャンペーン/私以外TVはいない~




一倉
これは究極の低予算だよね。

髙崎 
そうですね。

一倉 
アイデアひとつで成り立たせている。

髙崎 
安西さんはほんとうに恐ろしい人です。

一倉 
僕は、安西さんのことは、直接そんなに知らないんだけど、
今こうやって見てみると、このCMの流れの先に、
ひとつには佐藤雅彦がいて、
ひとつには佐々木宏がいるような気がします。

髙崎 
そうですね。佐々木さんから見ても
安西さんだけは別格で、神様のように言っているんです。

安西さんって表に出ない人だったんですよ。
僕も広告オタクなので昔の広告批評をよく見たりするんですけど、
安西さんはこのCMの顔を描いた段ボールをかぶって出ているんです(笑)。
顔を出さないんですね。なんてお茶目な人なんだろうと思いました。

電通の田井中さんが「広告は詠み人知らずでいい」と言っていて。
誰がつくったかを知った上で見るものではないんだから、
つくった人が誰かなんて関係ない。そういう部分を大事にしろと。

一倉 
かっこいいね。

髙崎 
それを完全に体現しているのが安西さんで、
ほんとうに化け物のような人です。
こういう自分にない視点を大事にしたいので、
今日はこの仕事を選びました。

一倉 
たしかに「MY FIRST AOMORI」とは真逆だよね。

髙崎 
そうですね。

一倉 
ある程度のキャンペーンのサイズがあって、
オンエア量があって、タレントも、巨匠の監督も、
いい音楽も使えるという計算で成り立ってますよね。

髙崎 
青森の場合は、青森の景色を
みんなが再認識するというのが必要で、
そのためにはきれいな絵と、
きれいな絵に見せるドラマが絶対に必要でした。

景色をきれいに見せるための装置として
ドラマを使っている部分があって、
風景と風景の間に行間があると、
風景自体がすごく豊かに見えてくるんですね。

だから青森のキャンペーンでフジテレビみたいなことを
やれたらとは思わないですけど。
僕らはアイデアの仕事をしているという話ですよね。
CMっておもしろいな、広告っておもしろいなという。


    IMG_5834.jpg


一倉 
そういう意味では、先ほどの副田さんの
河原の石1個というのも同じ話ですね。

髙崎 
そうですね。

一倉 
それでも広告がつくれると考えれば、
広告はまだまだおもしろいよね。

髙崎 
やっぱり言葉ってすごいですよね。
意味を変えたり、意味をつくったりする力があるし、
たったひとつの石に物語を与えることもできる。

なんか、まとめようとしている気配を漂わせていますけど。
それでは、そろそろ質問タイムに。

一倉 
いきましょうか。



震災後のクリエイティブ


髙崎 
前回のトークショーでは、
「最近フリーになったので、会計の仕方を教えてください」という
質問があったらしいんですけど、
そっちの方向はなしでお願いしますね(笑)。

質問者1 
僕は青森のCMが大好きで、
「MY FIRST AOMORI」という言葉も東京にいる人にもちゃんと届いて、
青森に行ってみたいという気にさせると思うんですけど、
もともと東京にいる人のことまで意識してつくられたのか、
それとも青森の人たちに向けた言葉だったのか、
メッセージの向けた先を教えていただきたいです。

髙崎 
青森でやって東京に持っていくというのが、
もともとの僕らの目標にあったので、
青森と東京、両方で通じるものにしたいと思ってました。

一倉 
ビジネス的には東京や首都圏の人たちがターゲットです。
新幹線に乗って青森まで行くというのが目的ではあるけれど、
やっぱり青森の人たちにも喜んでもらいたい、
青森のためになりたいという気持ちもあって、
そういう意味では両方に向けた言葉だと思います。

でもそうすると青森の地元の人にとっては、
なぜ「FIRST」なんだという話にもなるんだけど、
そこはマニュフェストを書いたり、
「FIRST」には「初めて」という意味のほかに
「いちばん大切」という意味もあると説明したりしました。

質問者1 

ありがとうございます。

髙崎 
いろんな人が初めて青森を体験するということは、
青森の人たちはホストになるということですよね。
東京から人が来るようになる、
初めて青森に出会う人がこれからいっぱい来るようになる、
今までの青森と違う青森が始まるという意味もあって、
「MY FIRST AOMORI」というフレームは
地元でもかなり効くだろうなと思いました。

先ほども言ったように、その言葉を一倉さんからもらったとき、
僕はまだ企画もできてなかったんです。
青森版坊ちゃんをやりたいと思った時に、
「MY FIRST AOMORI」という言葉があって、
その言葉があれば全部がはまると思って、
一気に解決したんです。

一倉 
今、あらためて思った。
高崎君がこのキャンペーンをリトルトーキョーで
僕が書いたメモからつくってくれてよかった。
逆に高崎君のストーリーが全部できていて、
最後にバチッと決めるものをくださいと言われたらすごく悩んで、
それこそ10案くらい持って「どうかな?」って。


    IMG_5782.jpg


髙崎 
そうですよね。全部決まっていて
そこだけ空いていると苦しいですよね。
だからお互いタイミングがよかったのかもしれないですね。

でも、一倉さんは打ち合せの時に企画を見せると、
わりと露骨に反応するんですよ。
いいときは「いいね」と言うんですけど、
それ以外のときは大体「ふーん」って。
この企画のときは、最初に「青森版坊ちゃん」って見せた時に、
「すごくいい」って一倉さんがうれしそうな顔をしたから、
いけると思ったんです。

でも、前に札幌で一倉さんとトークショーをした時、
僕のつくったものをいろいろ見てもらったんですけど、
大体ノーリアクションでしたよね(笑)。

一倉 
そんなことないよ(笑)。

髙崎 
『ナツイチ』だけは「これ、すごくいいね」って
褒めてもらった覚えがありますけど、それ以外は。

一倉 
いや、もちろん、アセロラ体操なんかも好きなんだけどさ(笑)。
あとオールフリーはもっといいね。
でもやっぱり『ナツイチ』が大好きだった。
高崎君がいちばんやりたい世界なんじゃない?

髙崎 
そうですね。
でも、背伸びするのっていいことですね。
確実に自分より上を見ている人たちのところに
首を突っ込んで仕事をすると、
自分もいつの間にか背が伸びる。
がんばるといいことがあるなって感じます。

一倉 
今、初めて眞木準さんに褒めてもらった時のことを思い出した。
昔、サントリーの炭酸飲料で「マリンクラブ」というのがあって、
眞木さんが「100円避暑地」というコピーを書いてたんです。
そのコピーはすごくいいコピーなんだけど、
「マリンクラブ」という商品名があまり浸透してなくて、
それを補う意味で、僕が「マリンクラブにはラブがある。」
というコピーをグラフィックで書いたんだよね。
ちょっと眞木さんっぽいコピー。

髙崎 
そうですね。眞木さんっぽいです。

一倉 
そうしたら、「いっちゃん。いいね、あのコピー」って。
すいません、話が脱線しました(笑)。

髙崎 
では、ほかに質問ありますか?

質問者2 

今日はお話ありがとうございました。
先ほど高崎さんが一倉さんに質問していたのと、
似た質問になってしまうんですが、
一倉さんがコピーを考える時、まずイメージから入る感覚というのが、
自分ではよくつかめなくて。僕は最初に何を言うかを考えて、
それをどう言うかというふうに、ロジックで考えがちなんですが。

一倉 
イメージなので、なかなか言葉にしにくいんだけど、
商品があって、オリエンテーションがあって、
伝えなくてはいけないことがあって、と組み合わせていくと、
やっぱりコピーはロジックで出てきます。

コピーがいいかどうかというのは、
最終的にはそのコピーの手触りだったり、
温度感だったりするんだけど、ロジックでつくったコピーは
どうしてもそっちにもっていくのが難しくなる。
一度答えが出てしまったものを魅力的に見せようと思ってもね。

それよりも最初にこんな感じのことを言えばいいな
というイメージをつかんでおいて、
あとはそれをどういう言葉にするか。
オリエンテーションに対する答えを考える前に、
イメージで捕まえておけばその先が膨らむと思います。
曖昧な話なんだけど。


    IMG_5884.jpg


質問者2 
ありがとうございました。

質問者3 
青森新幹線が開業した後、3月11日に震災がありましたが、
震災以降、広告のつくり方やメッセージの発し方で
気をつけていることがあったら教えてください。

髙崎 
ほんとうにいろいろなことを考えるし、
確かに今までのようにはつくれなくなっています。
CMに海が映ってはいけないとか、
そういう議論もしょっちゅうあります。
でも、そんなことを言っていたらキリがない
と最近自分の中で決めました。

家族を失った人が何万人もいるわけですから、
家族が楽しそうにしているCMを流すと
その人たちはやっぱり胸を痛めると思います。
でもだからといって、それを自粛するのがいいのかというと、
それもやっぱり健全でない気がする。

むしろ、そういう人たちがいることを感じながら、
明るいものをつくりたい。
その人たちがもう一度家族を持とうと思うような
家族の姿を描くべきだし、
もう一度海で遊ぼうと思うような海を描くべきだと思います。

広告って見たくないものを見せることにもなるので、
気をつけなければいけないんですけど、
自分にブレーキをかける必要はないと思うんです。

世の中がこういう空気になっている時って、
空気をガラっと変えるようなものが出てくるはずなんですね。
それをつくる人が次の時代のスターになると思いますが、
それが広告であればいいなと思うし、
自分がやれるといいなと思います。
そういうものがどこにあるのかを考えるのが、
次にやらなければいけないことかなと思っています。

一倉 
僕も住宅メーカーの仕事をやっていて、
「家に帰れば、積水ハウス。」というコピーをつくっていましたが、
しばらくは使わずにいます。
でも、すべての人に仮設住宅が行きわたるまで
住宅メーカーはCMを自粛すればいいのかというと、
やっぱりそうはいかないわけですよね。

震災後のCM自粛ムードの中、
サントリーが『上を向いて歩こう』をやったことは
さすがだと思います。
そのスピードもよかったし、
各メーカーがああいうことをやればよかったと思う。

ただ、ひとつだけ僕が思ったのは、
ああいう時に使われる曲がやっぱり
『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』なんですよね。
僕らの先輩がつくった、戦後を明るくした名曲です。
そういう曲が僕らの世代にはないのか、
僕らのやってきたことはなんなのかと思ったりしましたね。

そういえば、ふたりの共通点がひとつあって、
高崎君も作詞をするんだけど、
斉藤和義の作曲で1曲つくっているよね?


    IMG_5799.jpg


髙崎 
『ホノカアボーイ』という映画をつくった時に
主題歌を小泉今日子さんに歌ってもらったんですけど、
僕が詞を書いて、斉藤さんに曲を書いてもらったんです。
それを、この間斉藤さんからセルフカバーしたいと言われて。

『虹が消えるまで』というタイトルの曲なんですけど、
失ったことより出会ったことに意味がある
ということが言いたくてつくった歌です。
映画も自分の中ではそういうテーマでした。
失ったことで打ちひしがれるよりも、出会ったことを喜ぶ。
そっちに気持ちの重心を置いて生きた方が
世の中は楽しくなるというのを、
自分の中で大きなテーマにしていたんです。

一倉 
海が出てきたり、人を失うということが
出てくる歌詞だけど、今聴くといいんだよね。
同じ言葉でも聞こえ方が違うってことあるじゃない。
言葉に関わる者としてはそういうことを
今もう一度見直す必要があるんじゃないかなと思っています。

髙崎 
歌はほんとうにそうですよね。
どういう状態で聴くかによって、まったく意味が変わってくると思うし。
そういう意味で言うと、震災後にいろいろなものの意味が
変わったかもしれないですよね。

つくることの意味を一度考えないと、
広告がつくれない感じになっています。
PCを再起動して、アプリケーションを立ち上げて、ファイルを開いて、
というふうに気持ちをリセットすることを
ひとつひとつやっていかないと、
すぐに広告って必要なんだろうかって考えてしまう。
だから今何が必要かを、
一度強く思わないといけないなと思っています。

質問者3 
ありがとうございました。

一倉 
そろそろ、時間みたいですね。

髙崎 
そうですね、とりとめのない話でしたがこんな感じで。

(おわり)