リレーコラム

topic_path

2011年記事一覧

花形職業?のコピーライターはそれなりに面白い人生を送っています。
というより、「ものの見方が面白いから、人生を面白く過ごしている。」といった方が正しいかもしれません。そんな、コピー ライター達の日常。
このボードではTCCの会員が、一週間でバトンをタッチして、次々にコラムを連載していきます。

● 書くテーマは何でも結構です。
● 1週間(月~金)1名が書きまくります。ほかのヒトは書けません。
● 週末までに、 当週のスピーカーが翌週のスピーカーを指名します。
↑これは、重要です。これがないと・・、このボードが終わります。
● 指名されたが、なんらかの都合で書けない、書きたくないヒトは沈黙可。
● 何も書かない場合でも指名は可
(指名できない場合は、TCCウェブプロジェクトメンバーが代行します)。
● 月~金曜日を1サイクルとします。

最新のコラム

4410 ナカハタ創業始末  佐倉康彦2018.02.23
〜其の肆〜 ドクターK登板

 繋がったラインの向こうから聞こえる落ち着きのあるMの声。穏やかで温厚
な彼の風貌を思い浮かべながらも、ぼくの声は上擦ったままだった。
 「じ、じつは、相談したいことがあるんだ」
 いつもの喋り方ではないことにMも気づいたようだ。受話器の向こうも固く
緊張し強ばった気配が伝わってくる。
 「どうしたんですか、さくらさん?」
 数時間前に交わしたオヤジとの遣り取りの一部始終をMに伝える。喋りなが
らアドレナリンが相当量放出されていくことがわかる。瞳孔も開いてるかも知
れない。鼻血も出そうだ。なかなか上手く説明ができない。
 要領を得ないぼくの話に、ひとつひとつ頷き返してくれている様子のMの柔
らかな気のようなものがぼくに伝播する。それが、ありがたかった。ぼくも少
しだけ落ち着きを取り戻す。
 Mには、オヤジがもう一度会社を興そうとしていること。その創設メンバー
に、Mとぼくが入っていること。そして、そこにはもうひとり、K先輩の名前
も挙がっていること。ぼくが一通り話し終えると、Mは静かに透き通るように
答えた。
 「それは素晴らしい。ぜひ、やりましょう」
 既に自分の会社を持っているにもかかわらず、1秒たりとも逡巡しなかった
Mの決断の早さと、その聡明さにちょっと震えながらも、ぼくはさらに話を進
めた。
 「うん、ありがとう。でね、Kさんにもすぐに知らせて、3人で近々会えな
いかな」
 「ですね。早いほうがいい」
 「なかはたサンのことだから、早くこっちでまとめないと、あの話、もう飽
きちゃったからヤメッ。とか言い出しそうで」
 「あはは、なかはたサンせっかちだからなぁ」
 「じゃあ、またすぐ連絡する」
 Mとの電話をひとまずは切り、K先輩のケータイ番号をアドレス帳から探す。
ホテルのロビーでケータイ片手にひとり小躍りをしそうな勢いの、かなり風体
の悪いオヤジを避けるようにして宿泊客たちが足早に通り過ぎていく。
 K先輩は、当時、外資系の広告代理店に籍を置いていた。その前は、汐留に
ある巨大代理店というきんぴかな経歴の持ち主だ。その頃の世界中の広告賞を
獲りまくっていたアメリカのスポーツシューズメイカーを担当し、本国のポー
トランド本社のスタッフとも仕事をしていた。そんなK先輩が、今回の話に乗
ってくるのか。一抹の不安は残ったが「ええい、ままよ」とK先輩のケータイ
をコールする。呼び出し音1回で繋がる。
 「もしもし、Kだけど」ちょっとだけダルな声色。ぼくの胃がキュキュッと
収縮を繰り返す。
 「あ、Kサン、さくらです。じつは…きょう、なかはたサンが…」Mに説明
したときよりもかなりスムースにシンプルに説明ができた、ハズだ。受話器の
向こうのKさんは沈黙したまま。ホテルの天井を仰ぎ見るぼく。ホテルのロビ
ーは、いつ見ても水族館のようだ。K先輩からの言葉が返ってこない。視線の
先にいる背の高いコンシェルジュの顔がマンボウ見えて仕方がなかった。
 「…やる」
 相変わらずダルな声色のままだったが、Kさんはとろりと、でも明確にそう
答え、つづけてこう付け加えた。「やるしかないでしょ」と。
 ぼくと視線があったマンボウが半笑いを浮かべながらこちらにゆっくりと真
っ直ぐ向かってくる。

つづく

過去記事一覧

No#

タイトル

名前#

年月日#

キーワード検索
リセット