リレーコラム

topic_path

2011年記事一覧

花形職業?のコピーライターはそれなりに面白い人生を送っています。
というより、「ものの見方が面白いから、人生を面白く過ごしている。」といった方が正しいかもしれません。そんな、コピー ライター達の日常。
このボードではTCCの会員が、一週間でバトンをタッチして、次々にコラムを連載していきます。

● 書くテーマは何でも結構です。
● 1週間(月~金)1名が書きまくります。ほかのヒトは書けません。
● 週末までに、 当週のスピーカーが翌週のスピーカーを指名します。
↑これは、重要です。これがないと・・、このボードが終わります。
● 指名されたが、なんらかの都合で書けない、書きたくないヒトは沈黙可。
● 何も書かない場合でも指名は可
(指名できない場合は、TCCウェブプロジェクトメンバーが代行します)。
● 月~金曜日を1サイクルとします。

最新のコラム

4470 馬語から考えたこと川原綾子2018.05.24
与那国島の小さな出版社が出している『馬語手帖 ウマと話そう』(河田桟 著/カディブックス)という本が、面白いのです。

ウマと暮らすために与那国島に移り住んだ編集者が、賢いウマたちの、さまざまな鳴き声やボディランゲージを「馬語」として紹介しているのですが、人間とウマは根本的に性質が違うということは基本にありつつ、中には「これは人間にも当てはまるコミュニケーションだな」と思うものがあります。

ウマは速く走る一方で、テンポが遅いという特徴を持っています。アクションに対して反応がとてもスロー。1時間後にようやくそのリアクションが戻ってくるという具合。けれど忘れていたのではなく、ウマの中では確かに何かが起きていて、時間をかけて考えているのだとか。半端じゃない熟考型なんですね。

こんなことがありました。会社を辞めようとする同僚が、
「あの時カワハラさん(私)がああ言ってたので、背中を押され、生き方を変えようと思ったんですよね」と。
確かにそれは言ったけれど、3年以上前では?と驚きましたが、その間、同僚はずっと考え、準備をしていたのです。

すぐに反応があって「いいね! 」と言ってもらえたら、それはそれでうれしいですが、馬語を知ったり、そんな同僚とのことがあって、じわじわと響き広がっていく遅効性の効果のことも意識するようになりました。

全然ふりむいてもらえそうもない人に、その場の反応など気にせず「好き」という気持ちを、言葉や態度できちんと示しておくとか、日常の中でも使えるし、デザインや広告の仕事でも使えるなぁと思います。

過去記事一覧

No#

タイトル

名前#

年月日#

キーワード検索
リセット